2019年2月、「安全帯」は「墜落制止用器具」に変わりました

 

6.75m以上(建設現場では5m以上)で作業床が無い場所で作業する場合は、
ハーネスの着用が必須になりました!
フルハーネスが無いと入れない現場が増えています。

 

墜落制止用器具はフルハーネスの時代へ

 

■出典
1)労働災害統計:職場のあんぜんサイト,http://anzeninfo.mhlw.go.jp/user/anzen/tok/anst00.htm,2019.05.17
2)「墜落防止用の個人用保護具に関する規制のあり方に関する検討会」報告書概要:厚生労働省,
  https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11201000-Roudoukijunkyoku-Soumuka/0000167542.pdf,2017.06.13
 

1「. 安全帯」から「墜落制止用器具」へ

「安全帯」の名称が「墜落制止用器具」に改められます。それに伴い、墜落制止用器具として認められる製品は以下の通りです。
※現場では従来通り「安全帯」の呼称を使用することは問題ありません。
 

2.原則は「フルハーネス型」

■参考文献
・墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン:厚生労働省,https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212834.html,2018.06.22
 

B.フックを掛ける位置に気をつけよう!

フックを掛ける位置が低いと、落下距離が大きくなり、身体にかかる衝撃も大きくなります。フックを掛ける位置は、作業床から85cm以上が望ましいです。基本的には「第一種ショックアブソーバ」をもつ「Type1ランヤード」を使用
しますが、鉄骨組み立て作業等において、やむを得ずフックを足下に掛ける場合は「第二種ショックアブソーバ」をもつ「Type2ランヤード」を使用します。両方の作業が混在する場合は、フルハーネス型を選定するとともに、「第二種
ショックアブソーバ」をもつ「Type2ランヤード」を選定してください。

 

3.安全衛生特別教育の受講が必要!

フルハーネスを着用して作業を行う者は、特別教育(学科4.5時間、実技1.5時間)の受講が必要です。
※高さが2m 以上で、作業床を設けることが困難な場所において、
 フルハーネス型の墜落制止用器具を用いた業務(ロープ高所作業を除く)を行う作業者が対象。

 

4.旧規格の安全帯の使用期限に注意!

規格改正に伴い、2019年8月1日までに製造された旧規格の安全帯は、墜落制止用器具の規格とみなされ、2022年1月1日まで使用可能となります。
 
■参考文献
・墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン:厚生労働省,https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212834.html,2018.06.22

KHランヤードはここがスゴイ!!
150%の伸長率
反射テープ付き
コンパクト設計
ロック機能付き
フラッシング機能
広い開口部
握りやすい指型レバー
外れにくい鉤型
ユニバーサル自在環
選べる3 種類


ストレッチ機能で効率アップ!
ハーネス装着の良い例、悪い例

●ゆるみがあると落下時に衝撃が大きくなり、重大な損傷を発生します
●きつく着込むと身動きが取れにくく事故の原因になりかねません
 
 
⇒ストレッチじゃばらハーネスは解決します!